プリローダー

CONTENTS

防災メールマガジン

防災マガジン Vol.001

新型コロナウイルスの特集

  1. コロナウイルスはどうやって感染するの?
  2. コロナウイルスに感染しない3つのポイント
  3. もしもの時はこれを使おう!

株式会社コム・アンド・コムの安否確認システムをご利用の皆様、および資料請求をいただいた皆様へ

この度、株式会社コム・アンド・コムは、甚大な規模の災害が続く昨今、皆様にとって有益となる防災情報を、定期的にメールマガジンとして配信することにいたしました。

平常時はなかなか気が回らない防災対策ですが、定期的に配信されるこのメールをご覧になったときは、少しでも防災に関して意識していただければ幸いです。

メルマガ配信にあたり、以下のようなマスコットキャラも準備いたしました。

以後、お見知りおきを。
それでは、記念すべき第1回は、新型コロナウイルスについて特集いたします。

1.コロナウイルスはどうやって感染するの?

飛沫感染(ひまつかんせん)

  1. 感染者のくしゃみや咳、つばなどと一緒にウイルスが放出
  2. 別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染
  • 主な感染場所:学校、劇場、満員電車などの人が多く集まる場所

接触感染(せっしょくかんせん)

  1. 感染者がくしゃみや咳を手で押さえる
  2. その手で周りの物に触れウイルスが付着
  3. 別の人がその物に触りウイルスが手に付着
  4. その手で口や鼻を触ると粘膜から感染
  • 主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

2.コロナウイルスに感染しない3つのポイント

手洗い

ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着する可能性があります。外からの帰宅時や調理の前後食事前などこまめに手を洗いましょう。


マスクの着用

マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクをつけましょう。
予防⽤にマスクを着⽤することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられます。


咳エチケット

くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、咳エチケットを心がけましょう。


  • マスクを着用します。
  • ティッシュなどで鼻と口を覆います。
  • とっさの時は袖や上着の内側でおおいます。
  • 周囲の人からなるべく離れます。

3.もしもの時はこれを使おう!

いかがでしたでしょうか?

以上で防災メールマガジン第1回の配信は終了となります。

これからも、皆様にとって有益となる防災情報を定期的に配信してまいります。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

発行:株式会社コム・アンド・コム
https://www.project-com.com/
Email:sales@project-com.com

©Com & Com Inc. All rights reserved.
バックナンバー一覧へ
トップへ